ビタミンE コレステロール

ビタミンEの特徴

多くのビタミンの中で何故、ビタミンEなのでしょうか?

ビタミンEとは、脂溶性ビタミン。

すなわち、油に溶けるビタミンの事で、「トコフェロール」とも呼ばれます。

また、「若返りの栄養素」とも言われており、これはビタミンEが強力な抗酸化作用を持っているからです。

40歳を過ぎると、血中の過酸化脂質の量は急に増加するので、しっかりビタミンEを摂取するようにしたいものです。

また、血管を健康に保つという働きもあると言われており、血中のコレステロールが酸化し血管の壁に張付き、血液の流れを悪くするのが動脈硬化です。


若々しく健康な毎日のために! DHA&EPA+セサミンEX】公式サイトはこちら!

更年期や老化予防

ビタミンEはその抗酸化作用で血管の健康を保ち血液をサラサラにしてを流れやすくすると言われ、さらに悪玉コレステロールを運び出し、善玉コレステロールを増やす働きもしてくれます。

人体の中で最も酸化の危険にさらされているのが、生体膜や細胞の不飽和脂肪酸です。

これらが酸化し、過酸化脂質が増えると、体の機能が低下し、老化現象や異常細胞を作り病気を引き起こす原因になりうるのです。

このような事態になる前にビタミンEは各細胞に働きかけ、酸化を防いでくれます

また、更年期には体内のビタミンEの濃度が低下するため、この時期に摂取しておくと更年期障害が楽になると言われています。

サントリー【DHA&EPA+セサミンEX】口コミ・体験談 3週間飲みました!メニュー

サントリー【DHA&EPA+セサミンEX】口コミ・体験談 3週間飲みました! トップへ
青魚とゴマのパワーが詰まったサプリ
DHAとは
EPAとは
ビタミンEとは